当院の虫歯治療についてご紹介致します。

オールセラミックとは?

オールセラミックとは、セラミックという素材だけを
使用して作った歯の被せ物です。

オールセラミックは、色合いや形などの自由度が高いことが特徴です。
オールセラミックで作られた被せ物は、色調と質感が特に優れていて、透明感があります。

審美性が非常に高く、天然歯と見分けがつかないことも少なくありません。
天然歯より美しく仕上がることもあるので、天然歯の上にオールセラミックを被せ、
審美性を向上させる方もいます。

また、金属が使われていないので、金属アレルギーのある方でも安心して使用できます。

しかし、陶器で作られているので、割れる可能性があるでしょう。
硬いものを食べる、強い衝撃を受けるなどすると、破損することがあります。
歯ぎしりや食いしばりの癖がある方は、使用できないかもしれません。

オールセラミックの寿命

オールセラミックの平均寿命は、7〜10年です。ほかのセラミック素材に比べると、平均寿命は劣ります。

しかし、オールセラミックは、経年劣化がほとんど起きません。
表面が滑らかで汚れが付着しにくいので、治療したときと変わらない状態で使用を続けられるのです。

メタルボンドとは?

メタルボンドとは、中身は金属で、
外見はセラミック(陶器)というクラウン(被せ物、差し歯)のことを言います。

変色せず見た目もよく、さらに強度もある、
見た目のきれいさや実用性を気にされる方にはお勧めです。
審美的に非常に優れています。特に、気になる前歯部で一番おすすめの素材です。
金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や金属アレルギーなどが起こる可能性もかなり抑えられます。

メリットについて
  • ・色が天然歯に似ているので見た目がきれいです。
  • ・中身が金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用できます。
  • ・金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなります。
  • ・汚れが付着しにくいため、歯周病や2次むし歯になるリスクが低くなります。
メタルボンドの注意点
食事はもちろん、普通にお使いいただく中では全く問題ありませんが
何かがぶつかるなど、極度に強い衝撃を与えると割れることがあります。
デメリットについて
  • ・セラミックと比べると、色味はやや劣ります。
  • ・時間が経つと歯茎が下がって、歯と歯茎の境目が見えることがあります。
  • ・角度によっては金属が見えることがあります。
  • ・保険診療の範囲ではないので、お金がかかります。

それぞれの治療費用

オールセラミック 1本 150,000円
(税込165,000円)
カスタムジルコニア 1本 120,000円
(税込132,000円)
メタルボンド 1本 100,000円
(税込110,000円)

治療例

メタルボンド1本の場合
標準治療回数3〜5回 標準治療額103,000円(税込113,300円)
オールセラミック1本の場合
標準治療回数3〜5回 標準治療額153,000円(税込168,300円)
※仮歯代1本3,000円(税込3,300円)含む
※静脈麻酔代が別途かかる可能性がございます。

自由診療は、保険診療より費用が掛かる一面がありますが、
それを加味してもなお、非常にメリットが大きい選択でもあります。
こちらをご覧ください。